長唄と私

画像

伝統芸能の世界とまったく無縁な家に生まれた私が、どうしていま三味線を弾いているのか?

 

 

お会いする方々が「必ず」と言ってよいほど、お尋ねになります。

 

 

こちらのページでは、私がいかにして「長唄」と出会い、その世界にのめりこんでいったのかを自伝風に綴ってみました。