YAYOKAI
東京で三味線を安心価格で教える芳村伊十冶郎長唄三味線稽古所

芳村伊十冶郎長唄三味線稽古所は、リーズナブルな料金で満足の指導を実施

東京で三味線を習える芳村伊十冶郎長唄三味線稽古所では、長く続けていただけるよう負担にならない料金設定をしています。

回数月謝制で、月2回より承ります。

東京で三味線教室をお探しなら、芳村伊十冶郎長唄三味線稽古所へ。

冶葉会のご紹介

s-kaishu_aisatsu_mini

当稽古所では、平成18年7月より、門弟を会として組織しております。

会の名称「冶葉会(やようかい)」は、師匠・芳村伊十七の主宰する「七葉会」に倣って命名しました。中国古典の漢詩に用いられる「冶葉倡條(やようしょうじょう)」は、なまめかしい葉と歌う枝、声の美しい女性を譬えた言葉です。「葉」には、分かれていく意もございますので、そのまま「伊十冶郎の門弟」という意味もございます。

 

年1回、夏に行われます浴衣ざらい(発表会)を中心に、季節の食事会などを通じて、会員相互の親睦を深め、共に切磋琢磨してゆくことを目的としています。

 

そのほか、年度始めには「会員名簿」を発行し、不定期のお知らせは「冶葉会通信」をメールで配信しています。

年会費について

お一人様2000円になります。

免状について

免状

当稽古所では、入門後3年(月2回の方は5年間)の修養を経て、相応の上達が見られ、基礎的な能力が備わったと認められた方(発表会の出演回数なども考慮します)に対し、芸名(名取免状)の取得を薦めております。もとより、芸道には終点がなく、芸名の取得が「合格」という意味合いを持つものではありませんが、なお一層の精進を期待して、授与するものです。

 

流儀は、「芳村派の歴史」にもございますように、11代目芳村伊三郎を家元とする長唄の一派であり、江戸は享保年間に端を発する長い歴史を持っています。近年、7世芳村伊十郎の実子である、11代目芳村伊四郎が、芳村分家として認められ、7世伊十郎の流れを汲む一門は、梅丘芳村家と称されるようになりました。

 

そのため、免状は、湯島の家元印と梅丘の分家印、双方捺印されたものが発行されます。

 

名取式は、不定期で行われます。諸費用・芸名等につきましては、推薦させていただいた際、個々にお知らせいたします。

 

芸名取得後は、演奏会などの参加・活動には原則、芸名を用いなければなりません。また、梅丘芳村家の一員として、自主演奏会である「芳友会」に参加することができ、社団法人長唄協会の会員として登録する必要が生じます。

東京で三味線を始めたいなら、口コミで評判の芳村伊十冶郎長唄三味線稽古所がおすすめです。

これまで邦楽に親しんでこなかったという方から、歌舞伎や日本舞踊が好きな方まで、様々なお弟子さんたちが通っておられます。

音楽大学や音楽高校の受験指導もご相談ください。

東京の三味線教室、芳村伊十冶郎長唄三味線稽古所は、朝8時から深夜0時までの幅広い時間帯でレッスンに対応しています。

前の月にスケジュールをお伺いして、ご都合のよい日時でお稽古をお約束。

完全予約制のマンツマーマン指導を行っています。